【米国ETF】BND/バンガード・米国トータル債券市場ETF

投資

皆さんお疲れ様です。

オタクリーマン投資家のtoi3です。

2020年も最後の日ですね。

本日は、私が2020年最後に投資した金融商品のご紹介です。

スポンサーリンク

BND/バンガード・米国トータル債券市場ETF

「BND(バンガード・米国トータル債券市場ETF)」

ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックスの

連動を目指す米国のETFです。

簡単に言うと米国の債券の相場に連動する金融商品です。

詳細情報はバンガードの下記HPをご確認ください。

バンガード-長期・分散・低コスト- 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ
バンガードからのお知らせ - 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ

BNDのリターンとリスク

BNDの魅力は以下3つです。

  1. 安定した値動き
  2. 毎月配当
  3. 購入しやすい単価

図1に2008年~2020年のBNDの値動きを示します。

約75~90 USD付近を上下しておりかなり安定しています。

2008年リーマンショック、

2020年コロナウィルス騒動

の時には大きく下がりましたがその後回復しています。

図1. BND相場

また、表1に現在の単価・配当利回り・配当月を示します。

表1. BNDまとめ(2020年12月31日toi3調べ)

単価88.07 USD
配当利回り2.01%
配当月毎月

2020年12月31日現在、

為替は約103円/USD

ですので1口9000円程度で投資が可能です。

配当利回りは2.01%でやや低めですが、

毎月配当が魅力です。

一方でBNDは指数連動のETFになりますので、

債券ほどの安全性はありません。

けれど国債などの債券よりは配当利回りは良いと思います。

toi3の考察

私の印象としてBNDは

リスク(安全性):債券>BND>株式

リターン:株式>BND>債券

という認識です。

ポートフォリオの中に組み込んで

安全性をやや向上させるために

今回投資しています。

終わりに

米国ETFのBNDいかがだったでしょうか。

是非検討してみて下さい。

それでは、また来年!

コメント

タイトルとURLをコピーしました